ねこ的 浅草(?)暮らし

ネコの多い街 江戸文化息衝く街 浅草。飲んだり食べたり猫と戯れたり。。。
100mほど浅草地区から外れたので、ブログ名称若干変えました。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 三連休は西穂行ってました その3 | main | 男体山に登ってみました。 >>
# 三連休は西穂行ってました その4 下山後
JUGEMテーマ:山岳
 
ロープウェイに乗る際、切符を購入する時に、大きいザックは8kg以上は荷物料金が掛かると言われ、秤に掛けた。
7〜8kgと思っていたザックは15kgもあった。ダブルスコアじゃん・・・
しっかり荷物料金の範囲で荷物券も購入。
2階建てnロープウェイは初乗車。鉄塔の所でちょっと揺れる以外は安定していた。

中腹のしらかば平駅で乗り換え。
すぐ側のビジターセンターには、源泉掛け流しの露天風呂があると聞いていたので、早速入浴に行く。

風呂は広く、自分を含めて3人しか居なかった。
環境保護の観点から石鹸・シャンプーの使用は禁止なので、掛け湯と掌だけで汚れをさらっと落とし、露天風呂を堪能。
外でやっていたイベントのシンセサイザーの音が場違いで気になったので、30分程度で出てしまった。
またロープウェイにのり、下界の新穂高温泉に到着。

駅前のホテル穂高でも入浴が出来、しかもあるぺん号バスのチケットを買った際に、入浴割引券貰っていたので、行くことにする。
ここのお風呂は地下階にあったけど、ただ斜面に面しているから地下扱いだった。
しっかり頭と体を洗って、内湯と広い露天風呂を堪能してバス停に戻る。

風呂に行く前に出たバスはガラガラだったのに、今度のバスは大行列になっていた。
バス停のポールに荷物を置いていたけど、場所取り・横入りのような状態になってしまったので、後ろに並びなおした。

平湯温泉までの車中で、平湯から新宿までのバスが取れた。
取れなかったら松本まででて乗り継ごうかと考えていたからラッキー!

だと、この時は考えていた・・・

平湯温泉に到着し、バスのきっぷを購入。
荷物はデポして、まずは食事。まともな昼食を食べていなかったので、バスターミナルに入っているレストランで、飛騨牛とキノコのクリームコロッケ定食を注文。

お腹が空いている訳じゃなかったので、空腹エッセンスは無し。
なので、単純明快に、このクリームコロッケは凄く美味でした。
10個位食べたくなった。

食後は平湯温泉街をちょっとブラブラ。
土産物物屋さんの敷地で温泉卵を売っていた。

高山の地ビールなども、温泉卵もバスターミナルよりちょっと安かったので、ここで卵と自宅用ビールを買って温泉卵を堪能。
バスターミナルに戻り、温泉梯子3つ目をやろうと思ったけど、いい加減に湯疲れが出てきたので、足湯でノンビリする。

新宿行きバスの到着時刻になり、ちょっと遅れ気味で到着。
乗り込んでビールを開けたところで出発。
安房トンネルを越えて、中の湯を越えて沢渡を通過するまでは良かった。

沢渡から大渋滞の開始。
抜けられる道がない為、松本まで大渋滞。本来1時間半程度の所を3時間掛かって、松本インターに到着。
そのまま長野道に乗り、また塩尻の先までちょっと渋滞・混雑気味。
バスが諏訪湖サービスエリアに着いたら、大混雑でバスですら行列に並べと交通整理の係員に言われた為、運ちゃんは柔軟にひとつ先の原PAで休憩にする行動に出る。

暫くは順調だったけど、勝沼の手前から再び大渋滞。
本来、新宿到着が20時30分だったのに、新宿到着が23時45分になった。
JRはまだ動いているが、地下鉄はそろそろ終電。
乗客も疲れただろうけど、運転手さんは休憩だけで交代要員無しの距離だから、かなり疲労しただろうと思う。

結局浅草に帰り着く為に、都営新宿線に乗り(終電の2本前)、馬喰横山で乗り換えて都営浅草線の東日本橋で終電に乗車。
浅草には完全に日が変わった0時半ごろ到着。
家に着いたのは1時になるかどうかの頃でした。

もう、大混雑が予想される日は長距離バスは使いたくないし、沢渡〜松本だけは通りたくないと思いました。
高山に出て、そこから岐阜・名古屋経由にすれば良かったと。。。

| comments(2) | trackbacks(0) | 01:08 | category: 孤高の人(山) |
コメント
混雑が予想される日は、やはり鉄道が良いでしょう!
列車内で駅弁が食べられるし。
| さすらいの詩人 | 2013/11/02 10:48 PM |

鉄道へ繋がる松本までもが大渋滞でした。
つくづく、定時運行がデフォルトの鉄道がありがたいと。。。
ダイヤ変更は必ずWebや時刻表に載りますし。
| 道士 流狼人 | 2013/11/04 10:37 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asakusa-life.konron.net/trackback/550
トラックバック
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links