ねこ的 浅草(?)暮らし

ネコの多い街 江戸文化息衝く街 浅草。飲んだり食べたり猫と戯れたり。。。
100mほど浅草地区から外れたので、ブログ名称若干変えました。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 2017年01月07日の高尾山
11:55
高尾山から下りてきたら、ちょうどお昼ご飯の時刻だったので、とろろそばを食べてきました。 注文した直後からお店が激混みに。 タイミングがギリギリでしたw https://t.co/jPeWhyJscf https://t.co/owbhi9jxHX
10:08
今年初の山コーヒーは、薬王院で厄除け祈願してから、高尾山で富士山を見ながら堪能中。 https://t.co/YRkO7lUiVO https://t.co/P6J3CrGcqt
| - | - | 02:40 | category: 孤高の人(山) |
# 毎年恒例の初日の出登山に行ってきます

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近ブログに書くのが面倒で、全然更新していませんでしたw

投稿は楽なTwitterかインスタグラムに走っていたので。

見れば本当に放置プレイだったので、ちょっと方向性を変えることにしました。

 

Jugemブログの機能を使って手抜き更新しますw

旅や登山関係 → すべてインスタグラム・ツイッター連携で、旅ブログ側(http://tabilog.konron.net/)へ。

浅草やIT関係な事 →  ほぼインスタグラム・ツイッター連携で、このブログ側へ。

 

今日から年末年始恒例の冬山初日の出登山で、八ヶ岳・天狗岳に行ってきます。

今年は谷川岳の雪中行軍トレーニングも、日光金峰山での標高差歩荷トレーニングもできなかったので、冬山超初心者向けコースで山小屋に泊まります。

ここ数年で一番の、超手抜き初日の出登山w

 

では皆様、よいお年を。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:35 | category: 孤高の人(山) |
# 山道具を冬用にする
ハイドレーションのチューブが冬場に凍り、使い物にならなくなる為、なんとかしなくちゃと思っていました。
以前どこかの山で、保温パックのようなものでホースを包んでいる登山者を見かけ、売ってないかなーと探しましたが、レアものだったのか自作品だったのか ウレタンのチューブ式保温材 、全く見あたらず。

今年はどこかの登山用品店でチューブ式保温材を見つけましたが高すぎて買う気になれず。
こんなモンだったら代用品で何とかなるだろうと、ハンズまで行ったらちょうどいい太さ長さのウレタンチューブを見つけました。

材料費は税別交通費別で99円。

口の方を外して、中を通すだけ。

長さはチューブを持って行ったのでピッタリすぎ。
後は実地で凍らないか試すだけです。
奥多摩辺りで試せるかな?
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:48 | category: 孤高の人(山) |
# 毎冬恒例の谷川岳
12月になったので、年末年始初日の出登山に備えて毎年毎冬恒例行事の谷川岳雪中行軍トレーニングに行ってきました。
今回はたまたま偶然にもヤマノススメセカンドシーズンで丁度谷川岳登山がスタート。
(真夏の登山の話を真冬に持ってくるとは・・・)
12月6日(土)に聖地巡礼ネタも兼ねてやってきました。

何時もなら新幹線上毛高原か水上からバスですが、土合まで行きます。
上野からJR高崎線。
始発の時間帯のため、みどりの窓口が開いていないので、高崎・新前橋まで券売機で購入。
後で知ったけど、これがお得になることに。

アニメと同じなのは、取りあえず放送済みの21合目と22合目で。

高崎で乗り換え。アニメ通り115系。

高校生と地元DQNな人でほぼ満員。
赤城山とかは雪がなかったけど、渋川から先は雪山が見え始めて。

水上で乗り換え。

水上ですでに積雪。

なぜ土合からか。
「土合から登るのが通なんだって」
って事らしいので。

土合到着。


続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(0) | 23:06 | category: 孤高の人(山) |
# グローブのメンテナンスをしてみた
去年購入したORのスマホ使用可能なグローブが、僅か5回程度の使用で反応激悪化してしまった。

いつ発売されたかは知らないけど、今年の春先には発売されていた普通のグローブに導電性を持たせてスマホ使用可能にする薬液。
それが、【AnyGlove 】。

スマホ使用可能グローブのメンテナンスと、更にゴアテックスグローブに使えるかを兼ねて、買ってみました。

神保町のici登山本店で、割引あっても2200円強。
安い買い物ではありませんが。


結果。
ORのグローブは完全復活。反応は素手とあんまり変わらないかも。
ゴアテックスグローブ(ici のPaine)は、予想してたけど全然ダメ。
革部分は2度塗りしているけど、全く反応なし。
裏返して内側にも塗布してみたけど、全く反応なし。

どんなグローブにも使えると唱ってるけど、ゴアテックスや裏地が有るものには効果はゼロでした。

・2014年11月4日追記と修正
内側2度塗り、外側の皮部分4度塗りで反応しました。
感度はちょっと悪いけど、カメラ機能やGPSを使う分程度ならいけるかな?
という感じです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:15 | category: 孤高の人(山) |
# 今回の初日の出登山は駒仙でした その3
JUGEMテーマ:山岳

詳細3

2013年12月31日
駒仙小屋テン場〜仙水峠〜駒津峰 往復
4時半起床。窒息死を何度かしかけた為、眠りが浅かった。他の人達はテントの通気性をどうやって確保しているのだろう?
5時に朝食、6時20分ににテントの外に出る。準備運動をしてアイゼンを装着して6時40分に出発。
昨日通った道のために不安などは全く無く、ペースも順調。
仙水峠手前10分の所で、まったく居なかった筈の人に追いつかれ、仙水峠で追い越された。
50分間近く誰も居なかったのに。かなり足が速い人で、あっという間に登っていかれた。

仙水峠から駒津峰に上がって行くと、樹林帯は問題ないが少しでも樹林帯が途切れると、かなりの烈風と雪が来る。何組かを追い越し・追い越されをやりつつ、9時10分に駒津峰到着。

駒津峰の手前から完全に樹林帯が終わり、かなりの吹雪の中を登った。
手前で降りて来た人に聞いたときは、「烈風が凄いから駒津峰で諦めて引き返してきた」と。

昨日はきれいに見えていた甲斐駒が岳・摩利支天が完全にガスの中。

いける所まで行ってみよう、ただし膝の限界が来る前まで。

駒津峰から約15分程度のトコ。横風に煽られて滑落手前だったのでここで諦めた。

痛みは無いけど、膝が不安・・・
年明けの干支と関わる駒の字がある、駒津峰を踏めただけでも良しとしよう。
ゆっくり下山し、11時50分にテン場到着。

13時半頃、仙水峠で追い越していった人が帰ってきた。自分のテントの側にテントを張っていた人だった。
聞いたところ、ガスで全く見えなかったけど甲斐駒頂上まで登って来た、とのこと。
凄い早足の人が居たもんだ・・・
早く下山してしまった為、午後は持ってきていた、孤高の人をテントで読みふける。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:51 | category: 孤高の人(山) |
# 今回の初日の出登山は駒仙でした その2
JUGEMテーマ:山岳

詳細2
12月29日 仙流荘~戸台~北沢峠
5時50分に起床し、朝風呂へ。部屋の時計が10分ほど進んでいたのが朝になってから気付いた。
7時から朝食。時間が分かれていた為、朝も一人。泊まっている人の顔は全く判らないまま。
見た目は少なそうだけど、結構量があった。


8時にチェックアウト。ここから北沢峠までずーっと歩き。
林道バスが無いし、送迎もないから。


仙流荘から出た直後。谷間の遠くに目指す山が見えてる。・・・遠い・・・


仙流荘から1時間20分歩いて、ようやく戸台の登山口。ここで届出を提出。
ここまで来るのに、タクシーを呼べばよかったと後悔した。
ここに着く20分前の橋本山荘へ下る車道で、凍った部分で盛大に転び、骨折した左膝を打ってしまった。
後で山小屋で確認した時、古い手術痕の直上に深めで大きい擦り傷と、膝の皿から内側に打撲の内出血があった。
年明けて下山・正月休み終わり直前でも、未だに治ってない。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:31 | category: 孤高の人(山) |
# 今回の初日の出登山は駒仙でした
JUGEMテーマ:山岳

年末に記述しましたが、今回の毎年恒例・初日の出登山は、南アルプスの甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳を『目指して』行って来ました。

結果から言うと、
甲斐駒は烈風とガスで駒津峰のチョット先で断念(同じ時刻に行った人もいた)。
仙丈ヶ岳はトレースあ5分程度で消える猛吹雪で、小仙丈ヶ岳までで断念(仙丈まで行った人もいた)。

スケジュールも予定通りに動けず、初日は途中でバテてきて16時ちょい過ぎに北沢峠に着いたので、長衛荘に素泊まり。
30日と31日は駒仙小屋のテン場でテント2泊。
30日はテント設営後だらけてしまい、晴天なのに仙水峠まで。
31日は強風とガスの中、甲斐駒を目指したけど、稜線の烈風とガスで駒津峰で敗退。
年明けて1日は、更に酷い烈風と降雪・・・というか、吹雪の中仙丈ヶ岳を目指して小仙丈ヶ岳までで。
予定では4泊ともテントの予定でしたが、長衛荘の居心地の良さが・・・
(某鳳○小屋の真逆だった)

スケジュール通りだったのは、初日のスタートと、最終日の下山だけでした(笑)

ラッセル泥棒に徹しようと考えてたのに、元旦からラッセルしまくるし・・・
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:25 | category: 孤高の人(山) |
# 男体山に登ってみました。
JUGEMテーマ:山岳

3連休後の土曜日。
男体山は毎年10月25日で閉山になるので、その前に一度は上ってみようと思い立ち、閉山直前の土曜日(10月19日)に日光男体山へ行って来ました。

鬼怒川・日光方面に行く際いつも通り、浅草6時20分初の東武の快速に乗車。
浅草発車時点で既にほぼ満員。北千住発車時点で立ち客が出ていました。
駅の案内表示板によると、中禅寺湖周辺は紅葉が見ごろらしい。
この混雑は日光の紅葉見物が多いのかも。

東武日光駅に到着し、すぐ駅の窓口で『中善寺温泉フリーパス』を購入。
単純往復だけでも十分元が取れるきっぷでお得。
切符を買ってからバス停に出るとかなりの行列だった。
座れるかどうかよりも、乗れるかどうか怪しい。
こういう時は東武日光駅前から乗らずに、始発であるJR日光駅まで行って乗るのが得策。
急ぎ足でJR日光駅前に移動し、短い行列に並んだ。
予想通り、余裕で座ることが出来た。
東武日光駅から、快速の同じボックスに居た大学生たちが乗り込んできた。
事前調査と一工夫の差だった。彼らは座れなかった。

いろは坂の紅葉はまだまだで、中禅寺湖湖畔も見ごろと書かれていたけど、どこが?という感じだった。

二荒山神社前でバスを降りて、男体山の登山口である、二荒山神社中宮祠へ。
神社の聖域でもある男体山は、神社で登拝の入山料を払う必要がある。
受付で500円を奉納し、お守りと案内・注意書きを頂いた。
出発準備を整えて、いざ男体山へ。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:41 | category: 孤高の人(山) |
# 三連休は西穂行ってました その4 下山後
JUGEMテーマ:山岳
 
ロープウェイに乗る際、切符を購入する時に、大きいザックは8kg以上は荷物料金が掛かると言われ、秤に掛けた。
7〜8kgと思っていたザックは15kgもあった。ダブルスコアじゃん・・・
しっかり荷物料金の範囲で荷物券も購入。
2階建てnロープウェイは初乗車。鉄塔の所でちょっと揺れる以外は安定していた。

中腹のしらかば平駅で乗り換え。
すぐ側のビジターセンターには、源泉掛け流しの露天風呂があると聞いていたので、早速入浴に行く。

風呂は広く、自分を含めて3人しか居なかった。
環境保護の観点から石鹸・シャンプーの使用は禁止なので、掛け湯と掌だけで汚れをさらっと落とし、露天風呂を堪能。
外でやっていたイベントのシンセサイザーの音が場違いで気になったので、30分程度で出てしまった。
またロープウェイにのり、下界の新穂高温泉に到着。

駅前のホテル穂高でも入浴が出来、しかもあるぺん号バスのチケットを買った際に、入浴割引券貰っていたので、行くことにする。
ここのお風呂は地下階にあったけど、ただ斜面に面しているから地下扱いだった。
しっかり頭と体を洗って、内湯と広い露天風呂を堪能してバス停に戻る。

風呂に行く前に出たバスはガラガラだったのに、今度のバスは大行列になっていた。
バス停のポールに荷物を置いていたけど、場所取り・横入りのような状態になってしまったので、後ろに並びなおした。

続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 01:08 | category: 孤高の人(山) |
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links